こんにちは。ブランシェ国際知的財産事務所の鈴木徳子です。

最近、職業病なのか、電車の広告やテレビの広告などでブランド表示があると、つい®マークがあるかどうかチェックしてしまいます。

先日もコンビニでアイスクリームを買おうと思って「ガリガリ君®」の表示をみて、「ガリガリ君」ブランドもきちんと商標登録されているな~と思った次第です。

この®マークはRegistered Trademarkの意味で、「登録商標」という意味です。すなわち、「このブランド名は商標登録されていますよ」という意思表示です。私は、商標出願をするお客さんには、登録されたら®マークを付して使ってくださいとお伝えしています。権利意識をもって、ブランド戦略の一環として商標登録している、ということを他社に対して自己アピール(意思表示)できるからです。ちなみに、®マークを付すかどうかはあくまで訓示規定なので、義務ではありません。

似たようなマークでTMという表示がありますが、これはTrademarkの意味で、登録の有無は関係なく、自社の商標ということをアピールするものです。商標の出願中のときなどに、他社に対してアピールする目的で使われます。

さらに、©マークはCopyrightの意味で、著作権が自分にあるということをアピールするときに使います。Disneyなどは必ずⓒマークを使うよう義務付けています。

今は、権利主義の時代です。権利をきっちり抑えているということを、他社に対してアピールすることは大切なことだと思います。

今日は以上です。