こんにちは。ブランシェ国際知的財産事務所の弁理士 鈴木徳子です。

最近、経営者の方と知合いになる機会が多いのですが、特許や商標などの知的財産権の保護、というより、認識の欠如に驚かされることが多いです。知財の専門家である弁理士として知財の重要性について啓蒙活動をしなければならないと肝に銘じています。

 

実は昨日、立ち上げて間もない知人の会社のブランド名を調べたところ、某大手メーカーにより同じネーミングの商標権がすでに取得されていたことが判明しました。幸運なことに、その商標権は数か月前に存続期間満了となっており、今は更新登録の猶予期間中でした。今後、更新の可能性が皆無というわけではないですが、少なくとも相手の権利が存続期間満了という点では救われました。

 

この教訓として、起業する前、新しい事業を開始する前に、特許や意匠、商標などの知的財産権をきちんと取得しておくことが重要です。事業が軌道に乗り、順調に売上が伸びてきたころに、ある日突然、他人から権利侵害だと訴えられるケースは多いです。知人の会社も、ネーミングを採択する前に、商標調査をすべきだったと思います。

今日は以上です。