海外進出の前に是非チェックしていただきたいこと。それは・・

 

こんにちは。ブランシェ国際知的財産事務所の弁理士 鈴木徳子です。

先日おもしろい話を聞きました。海外進出の際、少なくとも、名刺に記載している内容は事前に知的財産権を取得しておくことが大切である、ということです。

 

もちろん、これは進出先の国における知的財産権ということです。

名刺に記載されている会社名やロゴマークについては、海外進出前に、その国における商標権を取得しておくことが大切です。

 

中国を例に挙げると、名刺交換をしたらその相手から自社の名前がきちんと中国で商標出願(登録)されているかどうか、チェックされると考えた方が良いでしょう。

日本でそこそこの知名度のある会社が中国進出する際に、その名称が(中国で)商標出願されていない場合、赤の他人に先取り出願されてしまう危険があります。

 

中国では商標の売買ビジネスが横行しています。日本の感覚で考えていると大やけどをしてしまいます。

ご用心を!

 

今日は以上です。