おもてなし規格認証をご存知ですか?

こんにちは、高田馬場で特許事務所を共同経営しているブランシェの弁理士 高松孝行です。

おもてなし規格認証」をご存知でしょうか?

「おもてなし規格認証」とは、経済産業省が2016年に取り組んだもので、日本のGDPの75%を占めるサービス産業の活性化・生産性向上を目的として、サービス品質の見える化をすることによって、サービス事業者の活性化を促進する仕組みです。今回は、この「おもてなし規格認証」について書きます。

一般社団法人サービスデザイン推進協議会が、2016年から認証を行っていたのですが、今年から本格的に動き出したようです。

さて、このおもてなし規格認証ですが、現時点(2017年2月時点)では、次の4つの認証が定められています。

紅認証:
サービス向上の取組に意欲的なサービス提供者(自己適合宣言)
★(金認証):
お客さまの期待を超えるサービス提供者(第三者認証【有償】)
★★(紺認証):
独自の創意工夫が凝らされたサービス提供者(第三者認証【有償】)
★★★(紫認証):
お客さまの期待を大きく超える「おもてなし」提供者(第三者認証【有償】)

引用:https://www.service-design.jp/about/

これらの認証のうち、紅認証は おもてなし規格認証のHPにアクセスし、所定の手続を行えば認証を受けることができます。

一方、紅認証以外の認証を受けるには、認証機関から有償の審査を受ける必要があり、プレスリリースによると2017年3月から金認証と紺認証の審査が始まるという段階のようです。

ちなみに、弊所でも紅認証を受けており、今後もサービス品質の向上に努めてまいりたいと考えております。

おもてなし規格認証2017

皆様も是非、おもてなし規格認証を取得して、サービス品質の向上に取り組んでみては如何でしょうか? (紅認証でしたら無料ですし。)

さて、ここから話は少し変わりますが、職業柄気になるのが、これらの認証マークは商標登録されているのか?という点です。

以前のブログに書いたように、特許庁から異例の注意喚起が出されるほどに、膨大な数の商標出願を行っている会社および個人(商標ブローカー)がいます。

商標ブローカーに商標登録されてしまうと、国の施策が止まってしまうことにもなりかねません。

でも安心してください!
おもてなし規格認証に関しては、次のように、各認証マークと「おもてなし規格認証制度」等が既に商標登録出願されています。

  • 紫認証マーク:商願2016-085405
  • 紺認証マーク:商願2016-085406
  • 金認証マーク:商願2016-085407
  • 紅認証マーク:商願2016-085408
  • 「OMOTENASHI JAPAN QUALITY SERVICE」:商願2016-085409
  • 「おもてなし規格認証制度」:商願2016-085410
  • 「OMOTENASHI JAPAN SERVICE QUALITY」:商願2016-141630

商標ブローカー問題とは関係なく、2015年のオリンピックロゴ問題以降、国がこのような仕組みを作る時は、商標登録することが当たり前になってきたような気がします。

今日は以上です。