中小企業の知的財産戦略を考える際に役立つ資料18

こんにちは、高田馬場で特許事務所を共同経営しているブランシェの弁理士 高松孝行です。

以前のブログで、「マンガで分かる!『転ばぬ先の知財』のススメ 創業予定者必見」をご紹介しましたが、今回はその姉妹版である「マンガで分かる!『転ばぬ先の知財』のススメ 農林水産業者必見」をご紹介します。マンガでわかる!「転ばぬ先の知財」のススメ 農林水産業者必見

「マンガで分かる!『転ばぬ先の知財』のススメ 創業予定者必見」も知的財産に関することをマンガで分かり易く説明してくれましたが、この資料も同様にマンガで分かり易く説明してくれています。
ちなみに、この資料も経済産業省九州経済産業局が作成しています。

この資料は、農林水産業者を対象としていることから、特許以外の知的財産にスポットを当てています。
(創業予定者必見編は、主に特許にスポットを当てています。)

そして、内容ですが、登場人物の説明および知的財産の一般的な説明の後に、1ページ1話完結の次のようなタイトルのマンガが掲載されています。

  • 第1話 知財の確認、怠らないで!
  • 第2話 知財取得で安心と信頼を!
  • 第3話 「権利」と「ノウハウ」の使い分け!
  • 第4話 契約で、手堅く連携!
  • 第5話 海外での知財取得もお忘れなく!
  • 第6話 デザインも、守って活用!
  • 第7話 ブランド化で地域の魅力向上!

また、各マンガの下側には、用語等の説明が記載されており、初めて知った言葉でも理解できるように工夫されています。また、知財総合支援相談窓口等の問い合わせ窓口も記載されています。

このマンガを読めば、農林水産業で利用される知的財産の概要が分かると思います。

ちなみに、弊所では取り扱っていますが、他の特許事務所ではあまり取り扱っていない、種苗法(品種登録制度)や地理的表示法の説明もありますよ!
(これらについて何かありましたら、弊所まで是非お問い合わせください。)

この資料も、分かりにくいことも、マンガなら抵抗なく読めるという方に、特にお勧めです。
是非ダウンロードして読んでみてください。

今日は以上です。