タイがマドリッド制度に加盟しました

こんにちは、高田馬場で特許事務所を共同経営しているブランシェの弁理士 高松孝行です。

WIPOのプレスリリースによると、2017年8月7日に、タイがマドリッド協定議定書への加入書をWIPO事務局長に寄託しました。これにより、タイはマドリッド制度の99番目の締約国になりました。

タイの国旗なお、タイにおけるマドリッド協定議定書は、2017年11月7日に発効します。

したがって、この日以降であればマドプロ出願できることになります。

ただし、次の宣言をしていますので、ご注意ください。

  • 保護の拒絶通知期限を18ヶ月に延長し、18ヶ月の期限を満了していても異議申立を通報することを宣言(マドリッド協定議定書第5条(2)(b)及び(c))
  • 個別手数料を受領する旨を宣言(マドリッド協定議定書第8条(7)(a) )
  • 国際登録簿 のライセンスの記録がタイにおいて効力を有しない旨を宣言(共通規則第20規則(6)(b))

今まではタイがマドリッド制度に加盟していなかったこともあり、東南アジアの国に商標登録出願を行う際には、マドリッド協定議定書による国際出願(マドプロ出願)はあまり利用されてきませんでしたが、タイの加盟を切っ掛けに、今後はよく使われるようになるかもしれませんね。

弊所では、タイへの直接商標登録出願や、マドプロ出願のご相談も承ります。
タイへの商標登録をお考えの方は、是非弊所にご相談ください。

今日は以上です。