PCT出願に関する不正請求について

こんにちは、高田馬場で特許事務所を共同経営しているブランシェの弁理士 高松孝行です。

WIPO LOGO

引用:WIPO HP

以前からたびたび注意喚起がなされていたのですが、最近も特許庁からPCT出願に関する不正請求に関する注意喚起がなされていますので、今回はこのことについて書きます。

具体的には、PCT出願(特許協力条約に基づく国際出願)の出願人および代理人宛てに、WIPO国際事務局とは無関係の手数料の支払を求める通知が海外から送られてくるケースが増えているようです。

代理人であれば、このような不正請求に対して手数料を支払ってしまうことはないと思いますが、PCT出願に慣れていない出願人は支払ってしまうこともあるかもしれません。

弁理士を使ってPCT出願している場合には、請求書を含む海外からのすべての書類は、その弁理士に行くようになっていますので、出願人本人にPCTに関する請求書等が届くことはありません

もし届いたら、まずはPCT出願を依頼している弁理士に確認してください。

そして、それでも気になる場合には、WIPOに直接問い合わせてみてください。
次のURLから日本語で問い合わせることができます(電話・FAXでも問い合わせることができます)。

https://www3.wipo.int/contact/ja/area.jsp?area=wjo

なお、WIPOのHPによると、WIPOと何らかの関係があるようなフォーマットの書類が使われているようです(実際に使われたフォーマットが複数上記のHPに掲載されています)。

ところで、WIPOもただ手をこまねいていた訳ではなく、次のURLに掲載されているように、不正請求を行った業者に対して法的手段を執っているようです。

法的措置の成功例が掲載されているURLはこちら

PCT出願をすると、国際公報によって出願人や代理人の住所が公開されてしまうために、このような不正請求が行われやすくなってしまっているのではないかと思います。

このような不正請求には引っかからないように注意しましょう!

弊所では、PCT出願やマドリッド出願等の代理も承っております。
これらの国際出願を考えている方は、是非弊所にお問い合わせください。

今日は以上です。