改正民法に関するパンフレット(保証制度)がありますよ

こんにちは、高田馬場で特許事務所を共同経営しているブランシェの弁理士 高松孝行です。

改正民法(保証制度) 表紙

引用:改正民法(保証制度)パンフレット

以前のブログに「改正民法に関するパンフレット(民法(債権法)改正)」をご紹介しましたが、今回は改正民法のうち保証制度を開設したパンフレット「改正民法に関するパンフレット(保証制度)」をご紹介します。

このパンフレットでは、改正民法のうち、保証に関する新しいルールについて解説されています。

さて、このパンフレットの内容ですが、次のようになっています。

  • 保証契約とは
  • 保証契約のリスク
  • 極度額(上限額)の定めのない個人の根保証契約について
  • 公証人による保証意思確認手続の新設について
  • 情報提供義務の新設

保証契約というと、あまり接する機会がないと思いますが、締結してしまうと非常に大きなリスクを負う可能性があります。

そこで、自分の身を守るためにも、保証契約を締結する前に、このパンフレットを読んでどのようなリスクがあるか理解しておいた方がよいと思います。

ちなみに、「極度額(上限額)の定めのない個人の根保証契約は無効」ということも簡潔に説明されていますので、法的な理論武装のためにも読んでおいた方がよいかもしれません。

知的財産に関する契約では、個人保証を定める条項はほとんどないと思いますが、自己防衛のためにも是非読んでみてください。

弊所では、知的財産に関する契約のご相談も承っております。
何かありましたら、弊所に是非ご相談ください。

今日は以上です。