特集「品種開発III」

こんにちは、高田馬場で特許事務所を共同経営しているブランシェの弁理士 高松孝行です。

令和3年10月20日に、国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)から、「品種開発III」を特集した農研機構技報 第10号が刊行されたので、今回はそれについて書きます。

農研機構技報 (NARO Technical Report) No. 10

引用:農研機構技報 No. 10

「農研機構技報 第10号」はこちら

さて、この「農研機構技報 第10号」ですが、次のような目次となっています。

  1. 特集「品種開発Ⅲ」
    特集によせて

    1. 黄肉の極早生モモ新品種「ひめこなつ」
    2. 渋皮が簡単にむけるニホングリ新品種「ぽろすけ」
    3. 高糖度で、ドリップの少ないカットフルーツ向けのカンキツ新品種「あすき」
    4. 大玉で良食味の黄色リンゴ品種「もりのかがやき」
    5. 大果で酸味がまろやか、かいよう病に強いレモン新品種「璃の香(りのか)」
    6. 甘くて栽培が簡単なニホンナシ新品種「甘太(かんた)」
    7. 大粒で赤い果皮色の食味が優れるブドウ品種「クイーンニーナ」
    8. 果皮と果肉が赤いウメ品種「露茜(つゆあかね)」
  2. 温故知新

この目次から分かるように、今回の特集は「果樹」の品種についてその開発経緯が解説されています。

例えば、「甘太」については、次のような系統図が掲載されています。

甘太の系統図

引用:農研機構技報 (NARO Technical Report) No. 10

この図を見ると、一つの優良な品種を育成するには、ものすごい時間と費用がかかっていることが分かると思います。
(特に、果樹等は、1品種を結実するまで成長させる必要があることから、膨大な時間がかかっていると思われます。)

この他にも様々な品種の育成経緯が解説されており、面白いと思います。是非ご覧ください!

ちなみに、この「品種開発III」で紹介されている8種類の果実は、まだ手に入り難いですが、既に販売されているそうです。
機会があったら食べてみないですね!

弊所では、植物品種に関する知的財産のご相談も承っております。
何かありましたら、弊所に是非ご相談ください。

今日は以上です。