知財調停支援業務


知財調停※
において提出する書類作成または知財調停の代理人(裁判所に許可された場合)として依頼者の立場に立って知財調停手続に関与するサービスです。

知財調停には、次のような事例が含まれます。

  • 商標の類否に関する紛争事例
  • 商標の先使用権の有無に関する紛争事例
  • 著作権侵害の有無に関する紛争事例
  • 知的財産権の侵害による損害額に争いがある事例
  • 営業秘密の不正取得等の有無に関する紛争事例
  • 形態模倣の有無に関する紛争事例
  • 特許権侵害の有無に関する紛争事例(ただし、争点がシンプルであるものや交渉等を通じて争点が特定されている事案等)
  • 特許権の帰属に関する紛争事例
  • ライセンス料に関する紛争事例

知財調停とは、ビジネスの過程で生じた知的財産権をめぐる紛争について、一定の期日までに提出された資料等に基づいて、知財部の裁判官及び知財事件の経験が豊富な弁護士・弁理士などから構成された調停委員会の助言や見解を得て、話合いによる簡易・迅速な解決を図る手続です。

打ち合わせのイラスト

PAGETOP
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-28-18-405
TEL 03-6265-9113 FAX 03-6265-9114
Eメール info@branche-ip.jp
Copyright © ブランシェ国際知的財産事務所 All Rights Reserved.