知財学会第32回定例研究会にて高松孝行弁理士・鈴木徳子弁理士が講演いたします

プレゼンのイラスト2019年5月24日開催の知財学会第32回定例研究会にて「ブロックチェーン技術を活用した著作権管理」というタイトルで講演いたします。

第32回定例研究会のプレスリリースはこちら

ブロックチェーン技術の社会実装はまだ始まったばかりですが、ブロックチェーン技術の基礎から適用事例および著作権管理に適用した場合の想定されたメリット・デメリット等についてざっくばらんにご説明いたします。

知財学会の会員の方は是非ご参加ください。