こんにちは。ブランシェ国際知的財産事務所の弁理士 鈴木徳子です。

昨日に引き続き、今日もロゴについて書いてみようと思います。

5年前にNTTドコモがロゴを刷新したのを覚えていらっしゃいますか?私は、昨日ご紹介した書籍「思わず話したくなるロゴの秘密」(高橋書籍発行)を読むまで忘れていました。周りの人間に聞いても、誰も覚えていませんでした。

左の画像が、今のロゴで、右の画像が旧ロゴです。2008年7月1日より、今のロゴが採用されています。

NEWドコモドコモ旧ロゴ

 

 

 

 

ドコモのロゴ変更の発表時のウエブには、「新しいロゴは、特別色である『ドコモレッド』を採用すると共に、小文字で「docomo」と表記しました。未来に向けた無限の可能性とヒューマンタッチ、安心感、信頼感を表現した、シンプルで親しみやすいデザインと考えています。」と記載されています。

旧ロゴはデザインもなかなか優れており、変更時は不評の声が大きかったそうです。

しかし、5年経った今、改めて今のロゴを見てみると、丸みのある小文字で親しみやすさを感じます。毎日のようにスマホの画面やテレビのCM、ドコモショップの看板など無意識のうちに見ているうちに、ロゴの変更があったことすら忘れていました。時間の経過とともに、新しいロゴには信用が化体し、ドコモブランドのロゴとしての地位が確立されたようです。5年の間に旧ロゴを忘れてしまうほど、新しいロゴが浸透しているとはすごいことだと思いませんか?

今日は以上です。

 

※画像引用先:

http://www.nttdocomo.co.jp/

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%89%E3%82%B3%E3%83%A2+%E3%83%AD%E3%82%B4%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF&sa=X&tbm=isch&tbo=u&source=univ&ei=mEcZUoqaDYivlQXt3oDYBg&ved=0CCkQsAQ&biw=1301&bih=588