こんにちは。ブランシェ国際知的財産事務所の弁理士 鈴木徳子です。

昨日、中小企業診断士と弁理士との合同ワークショップに参加して参りました。

中小企業診断士の方たちと直接お話をするのは初めてで、具体的な仕事内容はあまりよくわかっておりませんでした。

 

ワークショップでは、グループに分かれ、以下の3つのテーマの中から一つを選び、両士業でどのようにコラボしていくかを議論しました。

①講演会、②相談会、③知財を経営戦略に上手に活用する方法

 

私のグループは①講演会をテーマに議論をしました。議論の時間は1時間程でしたが、お互いの業務内容や中小企業の経営的な実態など理解することができ、非常に有意義でした。

弁理士側は知財のリスクマネジメントをし、中小企業診断士側は知財を活用していかに売上を上げていくかという側面から、中小企業の支援が可能です。

互いにコラボするメリットは大きいと感じました。

 

今回のワークショップはあくまでバーチャルな講演会を設定しての議論でしたが、近いうちに実現させたいと思います。

また、事務所として、より付加価値の高いサービス提供を目指していきたいと思います。

 

今日は以上です。