商標登録後のブランド管理が大切です

こんにちは。ブランシェの弁理士 鈴木徳子です。

社名や商品名についてせっかく商標を取得しても、その後の管理はほったらかしということはよくあります。

しかし、商標権を取得した後のブランド管理はとても大切です。例えば、ライバル企業が自社の商標と同じような名前を使用して、実際に商標権が侵害されているのであれば、使用を中止させる措置を取る必要があります。

ライバル企業が似たような名前を使うと、自社のブランド価値が下がるとともに、需要者が混同を起こしてしまうこともあります。

私の実体験ですが、以前、紛らわしい名前のホテルがあり、タクシーの運転手さんが間違えてしまい、違うホテルの前で降ろされたことがあります。このホテルのケースでは先発のホテルが商標権を取得しておらず、商標問題まで発展することはなかったのですが、今はホテルの名前を変更しています。ちなみに変更後の名前は商標登録されています。

自社商標と似たような名前が他社により使用されているのを見つけたら早めの対応が肝心です。

今日は以上です。