地域経済分析システム(RESAS)利活用事例集2017

こんにちは、高田馬場で特許事務所を共同経営しているブランシェの弁理士 高松孝行です。

今回は、経済産業省から「地域経済分析システム(RESAS)利活用事例集2017」が公表されましたので、それについて書きます。リーサス事例集表紙

リーサスは既に大規模なシステムとなっており、オンライン講座があってもなかなか使い方が分からないというのが実情ではないでしょうか?

一方、経済産業省のHPによると、全国1,788の自治体(47都道府県、1,718市町村及び東京23区)のうち1,728の自治体で既に利用されているそうです。

そこで、リーサスを利用して、政策・施策の検討・立案等に結びついた31の事例を、今回ご紹介する「地域経済分析システム(RESAS)利活用事例集2017」に取りまとめたそうです。

さて、この事例集の内容ですが、次の31の事例が解説されています。

No.団体事例
1北海道釧路市域内循環と外から稼ぐ力を備えた産業の育成
2北海道苫小牧市市内産業のイノベーション基盤構築へ向けた取組
3北海道ニセコ町「食」の魅力を中心とした町内観光消費の促進
4青森県七戸町商業活性化に向けた創業支援のあり方の検討
5岩手県花巻市産業や地域資源の特徴を活かした観光関連施策の検討
6福島県福島市・伊達市・桑折町・国見町・川俣町中学生のアイデアを活用した広域連携の観光誘客推進
7福島県会津若松市ICTを活用した域際収支改善への取組
8茨城県かすみがうら市地域資源を活かした観光と6次産業化
9群馬県太田市子育て世代の女性向け就労支援施策の検討
10新潟県燕市地域産業の競争力強化
11石川県能登町「能登町☆RESASワークショップ」による協働のまちづくり
12岐阜県下呂市・美濃加茂市・川辺町・七宗町・八百津町・白川町・東白川村7自治体の連携による産業振興
13愛知県春日井市市内産業の活性化に向けた域内調達率の向上
14大阪府八尾市八尾の経済好循環促進プロジェクト
15大阪府大東市域内取引拡充と企業誘致による地域の稼ぐ力の向上
16兵庫県豊岡市「豊岡鞄」のブランド
再構築と海外展開促進
17広島県呉市第三次産業発展による地域活性化
18山口県下関市基盤産業の現状分析と支援施策の検証
19香川県観音寺市食料品製造業の振興支援
20福岡県大川市主力産業である家具関連産業に関する分析
21福岡県福津市地域資源の活用による農水産業の振興
22鹿児島県阿久根市観光まちづくり戦略の策定
23沖縄県うるま市うるま市の将来を見据えた効率的かつ効果的な産業振興
24北洋銀行RESASと金融機関データを融合させた地域中核産業分析
25北海道商工会連合会・上川町商工会地域経済の動向を踏まえた伴走型小規模事業者支援
26一関商工会議所「もち食文化」を活か
た観光・農業活性化の検討
27八十二銀行地域内所得向上に果たす地域金融機関の役割
28かしん経営大学市民講座におけるRESASを活用した事業計画の作成
29金沢大学RESASを活用した連携講座「統計学から未来を見る」
30米子高校RESASを活用した自己実現進路指導プログラム
31山口大学やまぐち未来創生リーダー(YFL)育成におけるRESASの活用

そして、各事例ごとに、どのようなマップを利用して分析したかがフローチャートを使って分かり易く解説されています。

下記のフローチャートは、事例12の「7自治体の連携による産業振興」に記載されているフローチャートです。

 

resas事例サンプル

非常に分かり易いと思いませんか?

リーサスの使い方がよくわからない方は、まずはこのような事例を参考にして、同様な分析をしてみては如何でしょうか?

リーサスのようなシステムは、使ってみないとなかなか使えるようにはならないと思います。
是非実際に使ってみてください!

今日は以上です。