有名ブランドの指輪デザイン(登録意匠)をみてみよう

こんにちは。ブランシェ国際知的財産事務所の弁理士 鈴木徳子です。

多くの女性を魅了するジュエリーは、デザインが大きな購買決定要因になります。

ジュエリーのデザインは意匠権により保護することができます。

今日はジュエリーの中でも、「指輪」について、実際に意匠登録された例を見てみようと思います。

ちなみに、私はあまり指輪を身に着けないので購入はしませんが、ショーウィンドウの指輪を見るのは大好きです。

 

では有名ブランドの意匠登録例をみてみましょう。

1.ブルガリ(意匠登録第1427846号)

ブルガリ

 

 

 

 

 

 

 

 

2.シャネル(意匠登録第1469575号)

シャネルリング2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.カルティエ(意匠登録第1482214号)

カルティエリング2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4.ディオール(意匠登録第1452654号)

ディオール

 

 

 

 

 

 

 

どのデザインもとても個性的かつ独創的ですね。

意匠登録の要件として、新しいデザインであること、世にあるデザインから容易に創作できないデザインであることが要求されます。

上記の指輪はこの要件を満たした結果、登録が認められたものです。

 

最後に日本ブランドの指輪です。意外にもシチズンの指輪です。時計だけではないようですね。

5.シチズン(意匠登録第1451089号)

シチズン

 

 

 

 

 

 

今日は以上です。