Madrid Monitorをご存知ですか?

こんにちは、高田馬場で特許事務所を共同経営しているブランシェの弁理士 高松孝行です。

日本から世界へ以前のブログで商標の国際登録出願制度(マドリッド協定議定書に基づく国際登録出願)を紹介しましたが、今回はこの制度を使って多数の国に商標登録出願した際に、それらの商標登録出願の進捗情報(審査状況)を簡単に把握できるツールについて書きたいと思います。

その制度とは、Madrid Monitorというツールです。
このツールは、ROMARIN、Madrid e-Alert、Madrid Real-Time Status、WIPO Gazette(公報)の機能を1つに結合したもので、完成すると次のようなことができるようになります。

  • 検索全ての国際登録に関する詳細な情報の検索を行うことができます。国際登録番号(IRN)、名義人、標章、図形、基礎となる商標出願番号/登録番号、区分(ニース分類、ウィーン図形分類)等を使って検索することで、直感的なインタフェースを利用可能
  • 追跡国際商標出願及び国際登録の進捗について、詳細な情報と経緯を確認可能
  • フォロー手続の請求に係る現在の処理状況や決定通知書類(暫定的拒絶理由通知書や保護認容声明等)にて、国際登録のステータスの進捗をフォローする可能
  • 保存及び共有 検索結果や標章の詳細レポートをHTMLやPDF形式で保存し、記録を他の人に共有するためのハイパーリンクを作成可能
  • 監視自身や競業者の標章について、自身でカスタマイズした監視リストを作成することによって、関心のある商標についてリアルタイムでEメールによるアラートを受け取るように設定可能

今まで各国の商標登録出願の状況を把握するためには結構な労力がかかりましたが、これらのことが無料でできるなんてすごいツールですね!

現時点(2016年10月)では、ベータ版ということで、意見を募集しているようです。

ベータ版はこちら

もし、商標の国際登録出願をしていましたら、このツールを使ってみてください。

そして、改良の余地を見つけたら、是非報告しください!
(弊所でも積極的に使っていきたいと思います。)

弊所では、マドリッドプロトコルを利用した商標国際登録出願を行っております。
国際的な商標取得を希望される方は、是非弊所にご相談ください。

今日は以上です。