台湾国慶節祝賀パーティー

こんにちは。高田馬場のブランシェ国際知的財産事務所の弁理士 鈴木徳子です。

昨日(2019年10月8日)、帝国ホテルで開催された台湾国慶節祝賀パーティーに、弊所弁理士高松とともに参加して参りました。

 

 

2019年は民国紀元108年にあたりますので、画像の氷のオブジェには「108」の文字が表示されています。参加者は1000名以上はいたようです。安倍首相のご母堂のスピーチもあり、大いに盛り上がりました。外務省の関連機関の方たちとも久しぶりにお会いできて、有意義な日となりました。

台湾とのつきあいは、昨年、台湾智慧財產局にお招きいただき、「ブロックチェーン技術を活用した著作権管理」について講演・意見交換をしたことから始まります。ブロックチェーンについては、所属する日本弁理士会の公認会計士連携委員会でも研究をしており、ブロックチェーンを活用している企業等に訪問して意見交換をするなどの活動を行っています。

ブロックチェーンといえば仮想通貨、金融のイメージが強かったのですが、特許に関してはゲーム関連企業からの出願件数が意外にも多いです。今後は、どのような出願内容なのかについて検討していく予定です。ブロックチェーンについては今後も注力していきたいと思います。

ブロックチェーンに関する特許出願のご相談がございましたら弊所までご連絡下さい。

今日は以上です。