ドローンを活用した農業技術の最新情報(2020)

こんにちは、高田馬場で特許事務所を共同経営しているブランシェの弁理士 高松孝行です。

以前のブログで、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)が作成した「ドローンを用いたほ場計測マニュアル(不陸(凹凸)編)」をご紹介しましたが、農研機構が「ドローンを活用した農業技術をまとめたテクニカルレポート」を公表しましたので、今回はそれについて書きます。

ドローンを活用した農業技術をまとめたテクニカルレポートはこちら

NARO Technica Report No5の表紙

引用:NARO Technica Report No5

さて、このレポートの内容ですが、次のような目次となっています。

  1. 特集「ドローン」
  2. 特集によせて
  3. ドローン空撮画像による大規模畑作ほ場での生育観測
  4. ドローンとGNSS搭載マーカーによる高精度ほ場マップ
  5. ドローンを利用した栽培管理技術
  6. ドローン空撮・3次元化技術を活用した農地基盤情報の可視化
  7. ドローンを利用した広域でのほ場単位の生育診断
  8. 中山間地域におけるマルチコプターによる少量的防除技術
  9. スマート農業実証プロジェクトにおけるドローン利用事例
  10. 「Society5.0 農業・食品版」の実現を通じたSDGsへの取組み
  11. 温故知新

これらの記事を読むと、今まで農家の経験で行われていた作物の管理が、ドローンによって得られた客観的なデータを用いて科学的に行われるようになんだろうな~と思えてきます。

さて、農業も時代と共に変わっていくべきだと思いますので、できるだけ効率的に行える方がよいと思います。

その1つとして、ドローンの利用があると思います。

今後、ドローンを活用しようと考えている方は、これらの記事を読んで、現在考えられているドローンの利用方法を確認してみては如何でしょうか?

もっと良いアイデアが浮かぶかもしれませんよ?

弊所では、ドローンを活用した発明に関する特許出願代理サービス等も行っております。
何かありましたら、弊所に是非ご相談ください。

今日は以上です。