LINEの自作スタンプ販売と権利保護(商標等)について

こんにちは。ブランシェ国際知的財産事務所の弁理士 鈴木徳子です。

 

すでに、弊所の富田弁理士より記事がアップされていますが、

先月、LINEがユーザーが自作スタンプを販売できる「LINE Creators Market」を4月にスタートさせることを発表しました。

詳細はこちら→https://creator.line.me/ja/

結構、話題を呼んだようなので、ご存知の方もいらっしゃると思います。

私の周りでも、自作スタンプ(キャラクター)の販売を考えている方が何人かいらっしゃいます。

 

発表によると、一般の企業や個人でも申し込みと審査を通れば、LINEプラットフォーム上で販売可能だそうです。

40種類のスタンプを1セット100円で販売可能で、取り分はLINE側とクリエーター側で50:50なので、

クリエーターは50円の報酬を受け取ることになります。

登録ユーザーは3億人を超えていますので、人気スタンプとなれば、それなりに収入を得ることが可能でしょうし、

企業広告にも有効かもしれません。

 

・・・続きは明日。

今日は以上です。