型破りなネーミング

こんにちは。ブランシェの弁理士 鈴木徳子です。

今日は、型破りなおもしろいネーミングのご紹介をします。

株式会社筑水キヤニコムってご存知でしょうか?福岡県うきは市にある農業や産業用等の機械の製造販売会社です。この会社は、型破りなユニークなネーミングで結構有名な会社です。

 

会社のHPをみてみても、製品カタログの項目には、「ものづくりは演歌だ!筑水キャニコムが義理と人情でお届けする製品をご紹介します。」と記載されていたりして、ユニークな社風なのかなって思ってしまいます。

製品カタログの詳細をクリックすると、製品とネーミングが紹介されていますが、「Hey MASAO」「男前刈清」「こまわりくん」「ブッシュカータージョージ」など、笑ってしまうネーミングが多いです。

草刈機や運搬車など、個人的にはなじみがなく、正直あまり興味のない分野の製品ですが、このように面白いネーミングがつけられていると、HPもじっくりとみてしまいますし、何だか製品に対しても愛着がわくような気もします。

 

トップの方が、ブランドづくりの一貫を担うものとしてネーミングを重要視しているそうです。

確かに単なる品番だけでは製品に対する愛着もわかないと思いますし、ネーミングがブランドづくりに貢献していると思います。

今日は以上です。