地域経済分析システム(RESAS(リーサス))をご存知ですか?

こんにちは、高田馬場で特許事務所を共同経営しているブランシェの弁理士 高松孝行です。

地域経済分析システムをご存知でしょうか?
英語表記では、Regional Economy (and) Society Analyzing Systemの頭文字を取って、“RESAS”(リーサス)と呼ぶようです。

内閣官房(まち・ひと・しごと創生本部事務局)と経済産業省とが肝いりで構築しているシステムで、地域ビックデータを分かりやすく可視化できるようです。

そして、今年(2015年)9月11日からこのシステムに特許情報が組み込まれたようです。

情報システムのイラストまだ慣れないこともあってうまく使いこなせませんが、統計データが表形式で表示されたりするので、特許情報だけでなくマーケティングやいわゆる6次産業化を行う際の基礎データとして活用できるのではないかと思います。

特許を扱うものからすれば、表示された出願番号をクリックすれば公開公報データを取得できるようになると、もっと楽になると思ったりしますが、すごいシステムだと思います。

さらに拡張されるようですので、地域に関するデータを集める際には、まずRESASで調べろ!という時代になるかもしれませんね!

今日は以上です。