特許庁の「コピー商品撲滅キャンペーン」をご存知ですか?(令和2年度)

こんにちは、高田馬場で特許事務所を共同経営しているブランシェの弁理士 高松孝行です。

特許庁が行っていた「コピー商品撲滅キャンペーン」が令和2年度も行われていますので、今回はそれについて書きます。

コピー商品撲滅キャンペーンのイラスト

引用:特許庁HP

以前のブログに、昨年度(令和元年度)の「コピー商品撲滅キャンペーン」について書いたのですが、今回ご紹介するのは、それの令和2年度版になります。

コピー商品撲滅キャンペーン(令和2年度版)はこちら

さて、今年度のコピー商品撲滅キャンペーンですが、スペシャルマンガムービー「コピー商品を買わない 売らない 買わせない」が公表されています。

内容としては、服飾デザイナーの「知財チカ」と、学生時代の後輩「皆江ヒロミ」との会話で話が進んで行くようになっています。

声優さんがしゃべっているスペシャルマンガムービーをお勧めいたしますが、マンガのように読めるPDF版もちゃんと用意されています。

また、このWebサイトには、次のようなチェックリストが掲載されており、コピー商品であるかどうかを自分で判断することもできるようになっています。

  1. 正規品のデザインをチェック!
  2. シリアルナンバーを確認!
  3. 商品説明をよく読む・よく聴く!
  4. 出品価格が他に比べて安すぎない?
  5. 受取評価の前に商品をよく見よう!
  6. 評価やプロフィールを調べよう!
  7. 支払方法は銀行振込以外もある?
  8. サイトがアヤシイ? サイトでチェック!
  9. 取扱商品が何だかヘン・・・
  10. 購入後の返品、もちろんできるよね?

これらのチェック項目の詳細は、コピー商品撲滅キャンペーンのサイトを見ていただくとして、コピー商品を回避するためにも、ネットで商品を購入する際には、これらのチェック項目を確認しましょう!

コピー商品を防止するためには、やはり知的財産による保護(水際対策を含む)が一番です。
コピー商品に悩んでいる企業は、弊所に是非ご相談ください。

今日は以上です。