フランスとの間で特許審査ハイウェイが試行されます

こんにちは、高田馬場で特許事務所を共同経営しているブランシェの弁理士 高松孝行です。

フランスの国旗インドに次いで、今度はフランスとの間で特許審査ハイウェイ(PPH)試行プログラムが施行されることになったので、今回はそれについて書きます。

特許庁のプレスリリースによると、2021年1月1日から、フランスとの間でPPH試行プログラムが施行されることになりました。

PPHの流れ

引用:特許庁HP

このPPHを利用することにより、フランスにおいても特許をより早期に取得することが可能となります。

フランスの特許審査を担当しているフランス産業財産庁(INPI)は、どこの国の特許庁ともPPHを実施しておらず、日本とのPPHが初めての試行になるそうです。

フランスを含む欧州各国で特許権を取得する場合には、EPC経由で取得することが多いと思います。

しかし、EPC経由での特許権取得のコスト等を考慮すると、このPPHを利用してフランスのみで早期に特許権を取得するということになるかもしれません。

このように、このPPHには様々な活用方法があると思いますので、検討してみては如何でしょうか?

弊所では、このPPHを活用したフランスへの特許出願申請サービスも行っております。
何かありましたら、是非ご連絡ください。

今日は以上です。