NHKからキャラクターやドラマのタイトルロゴのライセンスを受けることができますよ

こんにちは、高田馬場で特許事務所を共同経営しているブランシェの弁理士 高松孝行です。

以前のブログで、キャラクターライセンスを受けることができることを書きましたが、今回は、あのNHKからライセンスを受けることができることを紹介します。テレビのイラスト

NHKのHPによると、「おじゃまる」、「どーもくん」や「カードキャプチャー さくら」等のキャラクターや、大河ドラマ「真田丸」や連続テレビ小説「あさが来た」のようなタイトルロゴについてライセンスを受けることができます。

まず、キャラクターのライセンスですが、キャラクターによって使用料率が異なるようです(使用料については、実際に問い合わせてみないと分からないようですね)。

また、契約を締結する際に契約金(最低保証使用料)が定められており、ライセンス料とほぼ同様の次式を用いて計算されるようです。
契約金(最低保証使用料)=小売価格×使用料率×最低責任数量

さらに、NHKのキャラクターデザイン素材を提供してもらえるようです。
そして、その素材を利用してデザインした上で、デザイン監修を受けてデザインが最終的に決定されるようです。

ちなみに、許諾製品であることを示すための証紙シールがNHKから発行されるようです。
NHKは、きちんと品質管理も行っているのですね。

次に、タイトルロゴのライセンスですが、まず事前ユーザー登録を行って必要書類をダウンロードする必要があります。

その後、説明資料に従って手続きを進めればライセンスを受けることができようです。

NHKからのライセンスとなると、煩雑な手続きが必要になると思いましたが、思ったよりも簡単そうですね!

自社の製品に付加価値を付けるために、まずはNHKからライセンスを受けるというのもいいと思います(すべてが全国規模の知名度を持っていますので)。

弊所では、ライセンス契約書に関するご相談も承っております。
ライセンス契約等に不安がある方は、弊所に是非ご相談ください。

今日は以上です。