画像デザインの登録意匠を簡単に調べることができますよ

こんにちは、高田馬場で特許事務所を共同経営しているブランシェの弁理士 高松孝行です。

今回は、登録意匠を簡単に調べることができる画像意匠公報検索支援ツール(Graphic Image Park)について書きたいと思います。

Graphic Image Parkはこちら

登録意匠調査をする場合、J-platPatの「意匠公報テキスト検索」を使ったり、より本格的に調査をする場合には「日本意匠分類・Dターム検索」を使うことが多かったと思います。

ただ、「公報テキスト検索」では適切なキーワードを入力しないと上手く検索ができなかったり、「日本意匠分類・Dターム検索」では意匠分類やDタームをきちんと理解しないと検索できませんでした。
ですので、いきなり意匠調査をしようとしてもなかなか難かったのではないかと思います。

このようなことは特許庁も把握していたようで、2015年10月1日より画像イメージデータをアップロードするだけで、類似すると思われる登録意匠をピックアップしてくれるシステムを導入しました。
あまり知られていないようですが、有用なツールだと思いますので紹介します。

基本的な使い方はgoogleの画像検索と同様で、調べようとする画像デザイン(スマートフォン等の画面に表示されるデザイン)のデータをアップロードするだけで、類似すると思われる登録意匠が表示されます。スマートフォンのイラスト

ここだけを見るとgoogleの画像検索と同じように思えますが、このシステムのすごいところは、意匠調査に特化しており、例えば色の付いたデザインであっても、その「形」だけに類似する意匠をピックアップしたり、「色」だけに類似する意匠をピックアップすることができる機能がある点です。

さらに、このシステムには、入力した画像デザインを含む画像デザインをピックアップしたり、入力した画像デザインを構成部品ごとに分割し、それらの構成部品を含む画像デザインをピックアップすることができる機能もあります。

詳細は省きますが、意匠権には利用関係が成立することがあるので、「形」や「構成要素」に類似する登録意匠をピックアップできるのはありがたいですね!
(人がこれをやろうとするとすごく大変です。。)

googleの画像検索ではこのようなことができませんので、面白い機能だと思います(形だけを検索できる方法がありましたら教えてください)。

なお、このシステムでピックアップされる類似する画像デザインの精度はどうかという点については、弊所ではまだよく分かりません。今後使ってみて判断して行こう思います。

ただ、今まで意匠権を気にしていたが、どのように調査してよいか分からない方にとっては、まずこのシステムから使ってみるというのはいい方法だと思います。

意匠に関して、特許庁ではあまり積極的に取り組んでこなかったイメージがありますが、これをきっかけにより使いやすい(役立つ)システムを開発してくれることを期待しています。

弊所では、画像意匠に限らず意匠登録出願、鑑定、侵害訴訟等のご相談も承っております。
意匠に関して何かありましたら、弊所に是非ご相談ください。

今日は以上です。