「コンテンツの海外展開事例集~ライセンス契約上のポイントを中心に~」が公表されました

こんにちは、高田馬場で特許事務所を共同経営しているブランシェの弁理士 高松孝行です。

2022年(令和4年)3月31日に、文化庁から「コンテンツの海外展開事例集~ライセンス契約上のポイントを中心に~」が公表されましたので、今回はそれについて書きます。

「コンテンツの海外展開事例集~ライセンス契約上のポイントを中心に~」はこちら

コンテンツの海外展開事例集~ライセンス契約上のポイントを中心に~の表紙

引用:コンテンツの海外展開事例集~ライセンス契約上のポイントを中心に~

この事例集は、海外展開を目指す中小規模のコンテンツ事業者を中心的な想定読者とし、著作権やライセンス契約に関する基礎知識、分野ごとの海外展開事例、海外展開に際して受けられる支援について取りまとめられている。

さて、この事例集の内容ですが、次のような目次となっています。

  1. 本事例集の制作の背景と目的
    1. 本事例集政策の背景
    2. 本事例集制作の目的
  2. 海外展開に向けて知っておくべき基礎知識
    1. 著作権の基礎知識
      1. 著作権とは何か?
      2. 権利の束としての著作権
        1. 著作物の内容を改変して利用するにあたり注意すべき権利
        2. 映像作品や音楽等利用するにあたり注意すべき権利(著作隣接権)
        3. 現作品の内容を改変利用するにあたり、許諾が必要となる行為の具体例
        4. 映像作品や音楽等の利用に当たり著作隣接権の侵害に該当する行為の具体例
    2. ライセンス契約の基礎知識
  3. 海外展開事例
    1. 事例に基づく工夫のポイント
      1. 「権利の利活用に係る工夫」の観点でのポイントまとめ
      2. そのほかの観点でポイントまとめ
    2. 成功事例
      1. キャラクター
        1. 株式会社テレビ東京コミュニケーションズ
        2. 株式会社ポプラ社
      2. アニメ
        1. アスミック・エース株式会社
        2. 株式会社バンダイナムコアーツ
      3. マンガ
        1. 株式会社TOブックス
      4. ゲーム
        1. 株式会社カプコン
        2. 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
      5. ドラマ・実写映画
        1. 株式会社テレビ朝日
      6. 個人クリエイター
        1. ボカロ P ねじ式 氏
        2. ボカロ P EasyPop 氏
    3. コラム:音楽分野の海外展開について
  4. 海外展開に係る支援メニュー

この事例集のタイトルおよび目次を見れば分かると思いますが、この事例集では、著作権を活用した事例集となっています。

著作権の説明の表

引用:コンテンツの海外展開事例集

特許等を活用した海外展開事例集は、様々な公的機関から公表されていますが、著作権を活用した海外展開事例集は今までなかったのではないでしょうか?

そうすると、この事例集は貴重な事例集ということになります。

著作権の活用というと大企業がほとんどではないかと思う人も多いと思いますが、現在は個人クリエイターでも海外展開できるようになってきました(時代は変わりましたね)。

この事例集を参考にして、著作権を活用した海外展開に取り組んでみては如何でしょうか?

弊所では、海外展開に当たって、著作権だけではなく、商標権等の知的財産権のライセンス等の活用を踏まえたご相談も承っております。

何かありましたら、弊所に是非ご相談ください。

今日は以上です。