RESASオンライン講座が始まりました!-5

こんにちは、高田馬場で特許事務所を共同経営しているブランシェの弁理士 高松孝行です。

最近RESASの記事が多いですが(年度末なのでRESASの機能アップが一気に進みました)、今回はリーサスオンライン講座において待望の応用編が配信されたので、それについて書きます。コンピュータネットワークのイラスト

RESASオンライン講座のメールマガジンによると、
「応用編では、基礎編では学習していない、より多くのRESASやRESAS以外のデータを活用した多面的な分析手順を学習することができます。」
とのことで、カリキュラムは次のようになっています。

  1.  コースガイダンス(応用編の構成、修了条件、注意事項の案内)
  2.  応用編シナリオ(RESASとRESAS以外のデータを活用した「現状把握から施策案立案」までのシナリオ動画、シナリオ毎の確認テスト)
  3.  参考情報(応用編シナリオの参考資料の提供等)

ちなみに、RESASオンライン講座のHPには、応用編について次のように表示されています。

「応用編は、コースガイダンス、3本の分析手順を学習するためのシナリオ、その他参考情報の5本のコースから構成されています。」

  • 分析手順を学習するためのシナリオでは、地方公共団体などが行った分析事例を通して、RESASやRESAS以外のデータを活用した分析手順を学習していただきます。
  • 基礎編の「活用」では学習していない、より多くのRESASメニューなどを活用した多面的な分析手順を学習することができます。」

基礎編(必須受講コース)でも結構大変ですので、応用編を終了するには時間がかかりそうです。

これだけ機能が増えたRESASですが、何とかビジネスに使えないかな?と考えています。

応用編をサクサク進めるようになれれば、いろんな分析にRESASを使えるようになるかもしれませんね!

今日は以上です。