デザイン経営ってご存知ですか?

こんにちは、高田馬場で特許事務所を共同経営しているブランシェの弁理士 高松孝行です。

産業競争力とデザインを考える研究会報告書『「デザイン経営」宣言』の表紙

引用:産業競争力とデザインを考える研究会報告書『「デザイン経営」宣言』

特許庁から、産業競争力とデザインを考える研究会報告書『「デザイン経営」宣言』が公表されているので、今回はそれについて書きます。

産業競争力とデザインを考える研究会報告書はこちら

この報告書ですが、デザインによる我が国企業の競争力強化に向けた課題の整理とその対応策の検討を行うために開かれた産業競争力とデザインを考える研究会によって取りまとめられました。

ちなみに、『「デザイン経営」とは、デザインを企業価値向上のための重要な経営 資源として活⽤する経営である』と書かれています。

さて、内容ですが、次のような目次となっています。

  1. 「デザイン経営」の役割
  2. 発明とイノベーションをつなぐデザイン
  3. 産業とデザインの遷移
  4. ネットワークとデータが全てを飲み込む時代
  5. デザインの投資効果
  6. 「デザイン経営」の定義
  7. 「デザイン経営」の実践
  8. 政策提言

詳細は、この報告書を読んでもらうこととして、個人的にはもっと具体的なデザインの活用法についてまとめてもらえると良かったと思います。

あと、この報告書には、報告書自体以外にも、次のような資料が添付されています。

今後デザインに力を入れていこうと考えている企業の方は、一度目を通して見ては如何でしょうか?

ちなみに、経済産業省のプレスリリースによると、特許庁も「デザイン統括責任者(CDO)」を設置し、その下に「デザイン経営プロジェクトチーム」を立ち上げるようです。

今日は以上です。