「gBizINFO」をご存知ですか?

こんにちは、高田馬場で特許事務所を共同経営しているブランシェの弁理士 高松孝行です。

gBizINFO」というWebサイトをご存知でしょうか?

「gBizINFO」とは、内閣官房が開設したWebサイトで、法人として登記されている約400万社の法人活動情報を一括検索、閲覧できるようにしたものです。今回はそれについて書きます。

「gBizINFO」はこちら

gbizinfoのトップ画面

引用:gBiziINFO

このサイトの利用方法は簡単で、中央の入力ボックスに、法人番号または法人名を入植して、検索ボタンをクリックするだけです。

  1. 法人番号を入力した場合
    法人番号を入力して検索ボタンをクリックすると、その法人番号の会社が検索結果一覧に表示されます。次に、その会社名をクリックすると、その会社の法人活動情報が表示されます。
  2. 法人名を入力した場合
    法人名を入力して検索ボタンをクリックすると、その入力した法人名と同一またはその法人名を含む法人が検索結果一覧に表示されます。次に、その中の会社名をクリックすると、その会社の法人活動情報が表示されます。

非常に簡単ですよね。
ただし、各種法人活動情報がない場合には、会社名は表示されないようです。

ところで、表示される「法人活動情報」とは、現時点(2021年9月時点)において次の情報になります。

  • 財務情報
    EDINETの有価証券報告書から取得しているので、上場会社以外だとほとんど閲覧できないと思います。
  • 特許情報
    J-PlatPatから取得しているので、特許(国際特許分類ごとの出願件数(特許出願日が2011年~2020年))、意匠および商標の件数が表示されます。
  • 届出・認定情報
    国の認定等を受けた場合には、その情報が表示されます。
  • 補助金交付情報
    国の補助金を受けた場合には、その情報が表示されます。
  • 調達情報
    国への調達実績がある場合には、その情報が表示されます。
  • 表彰情報
    国から表彰実績がある場合には、その情報が表示されます。
  • 職場情報
    しょくらぼ」を利用した実績がある場合には、その情報が表示されます。

このような情報が簡単に入手できます。登録されいる情報がまだ少ないかもしれませんが、いずれ膨大な情報を備えた検索システムになって成長して行くのかもしれません。

特許権侵害等の知的財産権が侵害された場合に、まずはこの「gBizINFO」で検索して基礎的な情報を入手する!ということになるかもしれませんね!
今後の機能向上に期待しましょう。

弊所では、特許権侵害等の知的財産権が侵害された場合のご相談も承っております。
何かありましたら、弊所に是非ご相談ください。

今日は以上です。