意外にも!地図にも著作権があります

こんにちは。ブランシェ国際知的財産事務所の弁理士 鈴木徳子です。

先日、ゼンリンの地図のデータベースをコピーしてネットオークションを通じて販売していた男性が逮捕されるというニュースがありました。

意外にも、知られていないことなのですが、地図にも著作権があります。

 

著作権法10条1項6号では、著作権法により保護される著作物の例示として、「地図又は学術的な性質を有する図面、図表、模型その他の図形の著作物」を挙げています。

ちなみに、国内最大手の地図情報会社のゼンリンのホームページをみると、「地図複製等利用のご案内」の説明がありました。

(詳細はこちら→ http://www.zenrin.co.jp/fukusei/index.html

ゼンリンのような民間企業の地図を利用する場合は、必ず許可が必要となるので注意が必要です。

 

しかし、いろいろと調べてみると、著作権フリーの地図も結構あるようです。中には日本や世界の白地図もあり、加工も自由にできるものもあります。

利用規約を確認のうえでフリー素材の地図を利用することも可能だと思います。

今日は以上です。