不正競争防止法を知りたい方は、まず「不正競争防止法テキスト」を!(2021)

不正競争防止法を知りたい方は、まず「不正競争防止法テキスト」を!(2021)

こんにちは、高田馬場で特許事務所を共同経営しているブランシェの弁理士 高松孝行です。

不正競争防止法テキスト2021の表紙
引用:不正競争防止法テキスト2021

2021年11月に、「不正競争防止法テキスト」が改訂されましたので、今回はそれについて書きます。

「不正競争防止法テキスト」とは、不正競争防止法の所管官庁である経済産業省が作成した不正競争防止法の入門書になります。

経済産業省が作成したテキストですので、信頼性が非常に高いものです。

「不正共同防止法テキスト2021」はこちら

このテキストですが、次のような目次となっています。

  1. 不正競争防止法の概要
    1. 不正競争防止法の目的
    2. 不正競争防止法の沿革
    3. 我が国法体系上の位置づけ
    4. 不正競争防止法の体系(法律の全体構成)
    5. 不正競争行為類型の概要
      1. 周知表示混同惹起行為
      2. 著名表示冒用行為
      3. 形態模倣商品の提供行為
      4. 営業秘密の侵害
      5. 限定提供データの不正取得等
      6. 技術的制限手段無効化装置等提供行為
      7. ドメイン名の不正取得等の行為
      8. 誤認惹起行為
      9. 信用棄損行為
      10. 代理人等の商標冒用行為
    6. 適用除外
    7. 国際約束に基づく禁止行為の概要
    8. 民事上の措置の概要
    9. 刑事上の措置の概要
    10. 関税法に基づく水際措置の概要
    11. 参考目次
      1. 我が国知的財産法の体系的整理
      2. 不正競争防止法の禁止行為と救済措置
      3. 第1号と第2号の比較/不正競争防止法と商標法の比較
      4. 営業秘密管理指針
      5. 限定提供データに関する指針
      6. 不正競争と適用除外との関係
      7. 知的財産侵害物品に係る認定手続の流れ
      8. 不正競争防止法に基づく輸入差止申立て状況
  2. 参考資料
    1. 秘密情報の保護ハンドブック ~企業価値向上に向けて~
    2. データ利活用のポイント集とてびきについて
    3. 民事的措置の知的財産法間の比較
    4. 不正競争防止法に関する参考資料一覧
  3. 不正競争防止法条文<右開き>

この改訂版では、限定提供データに関する記述が充実しています。

また、この改訂版では、参考目次および参考資料の多くが最新の資料に差し替えられています。

以前の「不正競争防止法テキスト」を読んだことがある方も、知識のアップデートするために、この改訂版を読んでみては如何でしょうか?

知的財産権法を含む経済法は毎年のように法改正が行われていますよ。

弊所では、不正競争防止法に関するご相談も承っております。
何かありましたら、弊所に是非ご相談ください。

今日は以上です。

この記事を書いた人

branche-ip