パックマン、セビウス、マッピー等のキャラクターを使ったスマートフォンアプリを作れる?

こんにちは、高田馬場で特許事務所を共同経営しているブランシェの弁理士 高松孝行です。

パックマン、ぎゃらく思案、ディグダグ、マッピー・・・
これらの名前を聞くと子供時代を思い出す方も多いと思います。

実は、バンダイナムコ社が権利を有する往年の名作ゲームキャラクターについて、簡易的な企画審査をクリアするだけで、利用できるという「カタログIPオープン化プロジェクト」を進めているようです。

スマートフォンのイラストパックマン等の知名度を活用すれば、自作のスマートフォンアプリを一気にメジャーにすることができるかもしれません。
スマートフォン等でアプリを作成されているクリエイターは、活用してみては如何でしょうか?

対象タイトルは次の17つです。

  • パックマン
  • ギャラクシアン
  • ゼビウス
  • マッピー
  • ギャラガ
  • ディグダグ
  • ドルアーガの塔
  • バトルシティ
  • スターラスター
  • バベルの塔
  • ワルキューレの冒険
  • スカイキッド
  • ドラゴンバスター
  • 妖怪道中記
  • 源平討魔伝
  • ワンダーモモ
  • ワギャンランド

ちなみに、無料で利用できる訳ではなく、有料サービスの場合にはロイヤリティの支払いがあるようです。

ただ、今までこのようなキャラクターを利用するには複雑な権利処理(契約)が必要だったことを考えると、このプロジェクトはクリエイターにとって朗報になりますね!

弊所では、ライセンス交渉・契約のご相談も承ります。
ライセンス契約等に不安がある方は、弊所に是非ご相談ください。

今日は以上です。