意匠登録出願がいつ頃審査されるか分かりますよ

こんにちは、高田馬場で特許事務所を共同経営しているブランシェの弁理士 高松孝行です。

満員電車のイラスト以前のブログで商標登録出願がいつ頃審査される分かることをご紹介しましたが、意匠登録出願がいつ頃審査されるかも分かりますよ。

実は、意匠登録出願についても、特許庁は意匠審査スケジュール表を公表しています。
(四半期ごとにWebページを更新しているようです。)

意匠の新願審査着手予定のWebページはこちら

このスケジュール表を見ると、意匠分類記号ごとに審査時期を公表していることが分かります。
ちなみに、審査対象出願年月欄に「×」が記入されていると、すでに審査が終了していることを示すようです。
そして、この表を見ると、特許庁での審査は、年に2回バッチ処理※が行われていることが分かります。

お客様には、特許庁からの通知(登録・拒絶理由)が来るまで通常6か月程度かかるとお伝えしてますが、バッチ処理のタイミングと出願のタイミングとが合えば、思ったよりも早く通知が来るかもしれませんね!

弊所では、意匠登録出願のご相談も承っております。
意匠登録出願につきまして何かありましたら、弊所に是非ご相談ください。

今日は以上です。

※バッチ処理とは、一定期間出願データを集め、まとめて一括処理を行う処理方式をいいます。
特許庁では、審査効率を上げるために、同じ意匠分類に属する意匠登録出願を一定期間集めておき、一気に処理するようにしています。

追記:特許庁のHPのURLが変更になったので、それに合わせてリンクを修正(2019/3/13)