「知的財産権賠償責任保険」が販売されました

こんにちは、高田馬場で特許事務所を共同経営しているブランシェの弁理士 高松孝行です。

法廷のイラスト以前のブログで「国内知財訴訟費用保険」が販売されることを書きましたが、今回は損保ジャパンから、「知的財産権賠償責任保険」が2021年4月から新たに販売されましたので、それについて書きます。

「知的財産権賠償責任保険」に関するパンフレットはこちら

詳細はこの保険のパンフレットをご覧になっていただければと思いますが、この保険は、第三者の知的財産権を侵害した場合に生じる法律上の賠償責任に関する補償になります。なお、第三者の知的財産権侵害に起因する自社の喪失利益の補償は業界初の保険となっているようです。

ちなみに、国内知財訴訟費用保険は、第三者の知的財産権を侵害した際に生じる争訟費用(防御費用)に関する保険でした。

補償範囲は次の通りです。

  1. 対象となる知的財産権
    特許権、商標権、意匠権、実用新案権
  2. 対象となる保険金の例
    損害賠償金:第三者の知的財産権侵害に起因して、被保険者が被る法律上の賠償責任額
    争訟費用 :上記に起因して生じる弁護士相談費用などの防御費用
  3. 保険の適用地域
    全世界
  4. オプション補償
    契約上の賠償金:知的財産権に関するライセンス契約等で約定された事項に起因する賠償責任
    不正競争防止法違反による賠償金:不正競争防止法違反に起因して、被保険者が負う法律上の賠償責任
    喪失利益:製品やサービスの使用差し止め等を命じられた際に被る喪失利益
    回収費用:製品を市場から回収するために要する費用

ただし、被保険者の故意に起因する事故は対象外となります。

これを見ると、国内知財訴訟費用保険と同様に、著作権は対象外となっています。

この保険では、損害賠償責任に加え、逸失利益や回収費用も賠償と対象となっています。

特許権侵害が認められると、その対応に多額の費用が掛かります。

特許権侵害なんてするはずがないと思っていても、万が一のことを考えて、この保険に加入しておいた方がよいかもしれませんね。

弊所では、特許権、意匠権、実用新案権および商標権に関する訴訟についてのご相談も承っております。
これらの訴訟(警告書を含む)について何かありましたら、弊所に是非ご相談ください。

今日は以上です。