タイの実用新案と商標を検索できるようになりました

こんにちは、高田馬場で特許事務所を共同経営しているブランシェの弁理士 高松孝行です。

タイの国旗今回は、特許庁が提供している外国特許情報サービス「FOPISER(フォピサー)」に、タイの実用新案と商標の情報が追加され、検索できるようになったことについて書きます。

外国特許情報サービス「FOPISER(フォピサー)」とは、特許庁が提供しているサービスで、これまでJ-PlatPatでは照会できなかった国の特許情報を無料で検索し、日本語で照会することができるシステムです。
※J-PlatPatでは、欧州、アメリカ、中国、韓国、イギリス、ドイツ、フランス、スイス、カナダの特許の情報、及びアメリカ、韓国の意匠の情報が提供されています。

今回、この「FOPISER(フォピサー)」に、タイの実用新案と商標の情報が追加され、検索できるようになりました。

ちなみに、2016年7月7日時点で登録されている案件数は次のようになっています。

  • タイ実用新案:10,894件
  • 商標:280,869件

多くの日本企業がタイに進出していますが、今後も東南アジアの拠点として多くの企業が進出を予定しているのではないでしょうか?

タイへの進出する場合には、知的財産、特に商標を調査を行う必要があります。
その際には、是非「FOPISER(フォピサー)」を使ってみてください!

もし、似たような商標を発見できなかった場合には、タイで商標登録出願を行った方がよいと思います。

ちなみに、外務省では、「日・タイ修好130周年」を記念して、 ロゴ・マークの募集を行っているようです。ロゴマーク作成に自信のある方は応募してみては如何でしょうか?

弊所では、タイへの特許出願や商標登録出願等の代理業務も承っております。
タイでの知的財産取得について何かありましたら、弊所に是非ご相談ください。

今日は以上です。

追記:J-PlatPatのURLが変更されたので、それに合わせてリンク先を変更(2019/5/11)