特許出願がいつ頃審査されるか問い合わせることができますよ

こんにちは、高田馬場で特許事務所を共同経営しているブランシェの弁理士 高松孝行です。

特許審査着手見通し時期照会の仕組みが変わりました。
新しい特許審査着手見通し時期照会に関するブログはこちら

なお、以下の記述は既に当てはまりませんので、ご留意ください。

問い合わせのイラスト以前のブログで、商標登録出願意匠登録出願がいつ頃審査されるか分かることをご紹介しましたが、特許についてもいつ頃審査されるか問い合わせできることについて書きます。

特許出願は、商標登録出願や意匠登録出願と異なり、審査官に審査してもらうためには出願日から3年以内に審査請求を行う必要があります。
ところが、審査請求をいつするかしないかは出願人次第となっています。

したがって、商標登録出願や意匠登録出願のように、特許庁はいつ頃審査されるかを一律に把握することができません。

そこで、問い合わせという形になっているのではないかと思います。

特許審査着手見通し時期照会のWebページはこちら

このWebページを見ると、識別番号※がある方とない方に分けられていて、必要事項を入力する必要があります。

識別番号のない方は、出願番号のみを入力すれば、着手見通し時期データが表示されるようになっています。

一方、識別番号を有する方で、特許審査着手見通し時期照会用パスワードの交付を受けた方は、自身の識別番号およびパスワードを入力すると、自身が関与している特許出願の着手見通し時期データをダウンロードすることができるようになっています。

特許審査着手見通し時期照会用パスワードの交付申し込みのWebページはこちら
(ちなみに弊所では、パスワードの交付を受けています。)

代理人や多くの特許出願を行っている企業の場合には、こちらの入力方法を利用した方が良いと思います。

なお、特許審査着手見通し時期照会で入手できるデータ項目は次のものです。

  • 更新フラグ
  • 着手見通し時期
  • 出願人名
  • 出願番号
  • 担当技術単位
  • 審査グループ
  • 公開番号
  • 指定分類
  • テーマコード
  • 審査請求日
  • 優先基礎
  • 分割出願
  • 発明者氏名
  • 発明の名称
  • 代理人氏名
  • 願書記号
  • 出願人コード
  • 西暦出願番号

以前は、審査請求をしても登録通知や拒絶理由通知が来るまでに1年以上かかっていたのでこの問い合わせが役に立ちましたが、最近は審査請求をしても1年以内に特許庁から通知があるようになったので、この手続き自体を利用する機会は減ってきているのかな?と思っています。

今日は以上です。

※識別番号とは、特許庁へ手続をする者に対し、特許庁長官が付与する9桁のアラビア数字からなる番号(手続ごとではなく1人の手続者に1の番号)です。電子出願する場合、識別番号が必須になります。

追記:特許審査着手見通し時期照会の仕組みが変ったので、その説明を追加
追記:特許審査着手見通し時期照会用パスワードの交付申し込みのWebページが無くなったのでリンクを削除