「外国侵害相談QA集 (商品開発プロセス編)」をご存知ですか?

こんにちは、高田馬場で特許事務所を共同経営しているブランシェの弁理士 高松孝行です。

外国侵害相談QA集(商品開発プロセス編)の表紙

引用:外国侵害相談QA集(商品開発プロセス編)

外国侵害相談QA集 (商品開発プロセス編)」をご存知ですか?

この資料も、このブログで以前ご紹介した「外国侵害相談QA集 知財リスク回避策(海外進出編)」と同様に、特許庁の外国産業財産権侵害対策等支援事業の一環として、一般社団法人発明推進協会によって作成されました。
(ただし、この事業は平成30年3月末で終了したため、平成29年度版が最新のものになります。)

「外国侵害相談QA集 (商品開発プロセス編)」はこちら

この資料は、知財リスクを事前に回避するため、商品開発プロセスの各段階で管理しておくべき項目をチェックリスト形式にまとめたものとなっています。

具体的には、商品開発のプロセスを、「市場調査」、「企画・開発」、「製造」、「販売(国内外)」、そして「製造・販売の終了」の各段階に分けています。そして、各段階において、知的財産の面から何をどのように管理しておかなければならないかを、技術・ノウハウ、デザインおよびブランドの3項目ごとに分け、その項目ごとの次のようなチェックリストが掲載されています。

  1. 技術・ノウハウ
    1. 市場調査段階
      1. <他社権利対策>
      2. <海外展開>
    2. 企画・開発段階
      1. <他社権利対策>
      2. <権利取得>
    3. 製造段階
      1. <権利活用>
      2. <国内製造>
      3. <海外製造>
    4. 販売(国内外)段階
      1. <他社権利対策>
      2. <権利取得>
      3. <権利活用>
      4. <海外製造>
      5. <海外展開>
    5. 製造・販売終了段階
      1. <権利取得>
      2. <権利活用>
  2. デザイン
    1. 市場調査段階
      1. <他社権利対策>
    2. 企画・開発段階
      1. <権利取得>
      2. <国内製造>
      3. <海外製造>
    3. 製造段階
      1. <権利取得>
      2. <国内製造>
      3. <海外製造>
      4. <海外展開>
    4. 販売(国内外)段階
      1. <他社権利対策>
      2. <権利行使>
      3. <海外製造>
      4. <海外展開>
    5. 製造・販売終了段階
      1. <権利取得>
  3. ブランド
    1. 市場調査段階
      1. <他社権利対策>
    2. 企画・開発段階
      1. <権利取得>
    3. 製造段階
      1. <国内製造>
      2. <海外製造>
    4. 販売(国内外)段階
      1. <他社権利対策>
      2. <権利活用>
      3. <権利行使>
      4. <国内製造>
      5. <海外製造>
      6. <海外展開>
    5. 製造・販売終了段階
      1. <他社権利対策>
      2. <権利取得>
      3. <権利行使>

この事業が終了して既に2年近くが経過していますが、これらのチェックリストは依然として有用だと思います。

商品開発プロセスにおいて、知的財産の取扱いについて悩んでいる方は一度目を通してみては如何でしょうか?

商品開発プロセスは企業によって異なりますが、良いヒントを得られる可能性があると思います。

弊所では、商品開発プロセスに初期から関与して、各企業の状況に応じた知財戦略の構築のご相談も承っております。
何かありましたら、弊所に是非ご相談ください。

今日は以上です。